1. Home
  2. MEN'S FOOTWEAR
  3. Postman Oxford / GORE-TEX
US 6.0 (約 24.0 cm) Dワイズ
1
US 6.5 (約 24.5 cm) Dワイズ
6
US 7.0 (約 25.0 cm) Dワイズ
3
US 7.5 (約 25.5 cm) Dワイズ
0
US 8.0 (約 26.0 cm) Dワイズ
1
US 8.5 (約 26.5 cm) Dワイズ
1
US 9.0 (約 27.0 cm) Dワイズ
0
US 9.5 (約 27.5 cm) Dワイズ
1
US 10.0 (約 28.0 cm) Dワイズ
0
US 10.5 (約 28.5 cm) Dワイズ
5
US 11.0 (約 29.0 cm) Dワイズ
2

NEW

DRESSBOOT

STYLE NO.9193

Postman Oxford / GORE-TEX

ポストマン オックスフォード / ゴアテックス

Postman Oxford / GORE-TEX
Postman Oxford / GORE-TEX

NEW

DRESSBOOT

STYLE NO.9193

Postman Oxford / GORE-TEX

ポストマン オックスフォード / ゴアテックス

レザー ブラック「アビレーン」ラフアウト
ソール ブラック・クッションクレープ
製法 オールアラウンド・グッドイヤーウエルト
ラスト(木型) 210番

Made in USA

¥48,400

本体価格 ¥44,000

カラーを選択してください

※内側がゴアテックスライニングの為、足の幅が広い方はややきつく感じる可能性がございます。
※足幅が細い方は#101と同じサイズ選びで問題ありません。

※We do not ship overseas.発送は日本国内に限らせていただきます。

¥ 10,000以上のご購入で送料無料

Postman Oxford / GORE-TEX
Postman Oxford / GORE-TEX
Postman Oxford / GORE-TEX
Postman Oxford / GORE-TEX

ABOUT Postman Oxford / GORE-TEX

2021年にBEAMSさんの別注商品として限定数量製造されたゴアテックスライニング搭載のポストマン オックスフォードです。レザーにはラフアウト(スエード)レザーであるブラック・アビレーンを使用。

ポストマン・オックスフォード最大の特徴であるワンピースヴァンプはそのままに、ゴアテックスを使用して防水仕様としたモデルです。ライニングのGORE-TEXファブリクスは表面に“キャンブレル”という摩耗に強く、吸汗速乾に優れたナイロン不織布を使用。カジュアル用途のシューズではほとんど見かけないこの組み合わせはワークブーツや特殊用途向けの生地として使われることが多く、レッドウィングならではのこだわりとなっています。ライニングのインソールにあたる部分には断熱素材のシンサレート、インソール表面にはクッション性の高いポロンを使用しています

レザーには「ブラック・アビレーン」を使用。起毛面を薄くスライスしてつくる多くのスエードレザーと違い、レザーの繊維密度が最も高い部位である銀面(レザー表面)を内側に使い起毛面を外側に使う、つまりレザーを裏返して使うこのラフアウトレザーは元々アウトドア用の靴に多く用いられるものでした。それのみでもある程度の耐水性を持っているレザーにゴアテックスのライニングが搭載され、より防水性が高い一足が誕生しました。

HOW TO CARE

[通常のお手入れ方法]
アビレーンはオイルを含ませずにつくるドライ・タン・レザーです。オイルを与えずともしなやかさを維持すべくつくられており、オイルを与える必要はありません。起毛面のお手入れとして「ラフアウト/ヌバック クリーナーキット」のクリーナーバー(消しゴムタイプのもの)で表面の汚れをとり、その後、付属のブラシをレザー表面にかけて起毛させてください。オイルやワックスはレザーの透湿性能に大きく影響を与えますので、ケアプロダクトの選択には注意が必要です。

[汚れについて]
基本的にはブラッシングのみで汚れを払い落とすようにしてください。「フォームレザークリーナー」の使用は防水レザーの防水機能を低下させるためお勧めいたしませんが、ブラッシングのみでは落ちないしつこい汚れがついたときには「フォームレザークリーナー」を使用して洗浄し、革が乾燥した後にレザープロテクターを吹きかけるようにしてください。

[防水スプレー]
ゴア製品は防水レザーによって防水機能を備えているのではなく、ライニングの被膜によって防水機能を備えています。そのため、防水レザーの防水機能が低下したとしても靴自体の防水機能が損なわれることはありません。防水スプレーの使用は必ずしも必要ではありませんが、レザーが顕著に吸水するようになった場合には、レッドウィングの「レザープロテクター」を使用して防水機能を回復させてください。